ACMπウオーターの詳細

  • HOME »
  • ACMπウオーターの詳細

ACMπウオーターの詳細

pai.water

πウォーターとは、人間をはじめとするすべての生物の細胞内にある「生体構成水」に近い働きをする、 ごく微量の二価三価鉄塩に誘導された水です。
「生体構成水」は普通の水とは全く違い、化学反応や酸化還元反応をしない「非イオン化水」なのです。 例えば、鉄製のものを普通の水に入れておくとさびますが、 食べ物の中の鉄分などが、私たちの体内に入ってもさびることはありません。

その理由は、私たちの身体は、摂取した水を細胞膜や皮膚の表面で「生体構成水」に変える仕組みになっているからなのです。 日常、私たちが水道水などを飲むと、細胞膜で水をろ過し、同時に二価三価鉄塩が情報を与えることで「生体構成水」に変えているといわれています。 しかし、その際に多くのエネルギーを損失することが大きな問題となります。
生体構成水にもっとも近い水「πウォーター」は、生体構成水に変える際のエネルギーの損失が少なく、体に無理なく吸収されます。 それにより、エネルギーは、疲れた細胞を回復させる方向に使われ、人間が本来兼ね備えている機能の正常化が実現。 体を健康な状態に保つことができるのです。

PAGETOP
Copyright © All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.